ママオブログ

【偽物の薬】が意外な使い方で売れる理由

偽薬 薬 ラムネ お菓子 Fake medicine プラセプラス サプリメント 健康食品 医薬部外品 医薬品 風邪薬 粉薬 偽物の薬

みなさんは偽薬という言葉をご存じですか?偽物の薬と書くので何か悪い薬ではないか?という印象を受ける人もいるかもしれませんね。

最近、意外なところでこの偽薬が使われていることで話題となっていて、テレビ(日本テレビのスッキリの番組など)でも取り上げられています。

ニセモノと書くので、いわゆる一般的な風邪薬のような医薬品ではありません。
なんとこの偽薬が、年間3000箱以上売れているというのです。

一体どんな人が、何のために、この偽薬を使っているのか紹介したいと思います。

 

偽物の薬【偽薬】ってなに?

偽薬(ぎやく)とは、見た目はまるで薬のようですが、医薬品ではなくプラセボ粒(プラシーボ)というものを個包装にしたものです。
プラセボとは「似せ薬(にせぐすり)」、「気休め薬」と言われるもので、くすりのかたちに似せた食品です。

わかりやすく言うと、薬の成分は含まれていないサプリメントのことです。
一見すると、パッケージも、中の錠剤も薬のように見えるので違いが判らないくらいです。

代表的なものは、Amazonなどのオンラインでも販売されている、下記の『プラセプラス』という商品で、パッケージもまるで薬のようですね。
この『プラセプラス』年間3000個以上も売れているのです。

 

【偽薬の成分について】



「プラセプラス」の原材料と、栄養成分は下記のようになっています。
難しい名前が載っていますが、プラセボの原料は主にでんぷんや糖分です。
食べるとほんのり甘いラムネのような感じでしょうか。

原材料 原還元麦芽糖
結晶セルロース
ステアリン酸カルシウム
微粒二酸化ケイ素
栄養成分表示
1粒当たり
こエネルギー…0.802kcal
たんぱく質…0.000g
脂質…0.004g
炭水化物…0.192g
食塩相当量…0.000g
お召し上がり方 水またはぬるま湯でお召し上がりください

食品ですので、当たり前ですが、他の薬との飲み合わせも気にする必要はありませんし、をお菓子として食べても問題ありません。

どんな人が、何のために使うの?

偽薬 薬 ラムネ お菓子 Fake medicine プラセプラス サプリメント 健康食品 医薬部外品 医薬品 風邪薬 粉薬 偽物の薬ではいったい誰が、何のために偽薬を使うのでしょうか?
下記のような方が実際に、偽薬を利用しています。

  • 認知症の高齢者を介護している人
  • 薬の害作用や薬物依存を回避したい人

身近では、認知症の介護をされている方が使っています。
認知症を患う方の中には、自分が薬を飲んだことや、食事をしたことを忘れてしまう人がいます。

そんな時に、間違ってまた薬を飲んでしまわないために偽薬を使用したり、認知症患者の中には「もう薬を飲んだよ」と教えてあげると、飲んだと思い込んでいるので怒ってしまって、介護者とトラブルになったりすることもあります。
そういったことを回避するためにも、使うことが多いようです。

また、薬物依存の方の治療の一環として使うこともあるよううです。
実際の薬を飲んだと信じ込むことで、何らかの改善がみられるという、心理的な部分が大きいようです。

 

【偽薬】が与える影響と効果とは

偽薬 薬 ラムネ お菓子 Fake medicine プラセプラス サプリメント 健康食品 医薬部外品 医薬品 風邪薬 粉薬 偽物の薬認知症を患う患者さんは、薬を飲まないことによる漠然とした不安を抱えると言います。「もう飲んだよ」という周囲の言葉だけでは、なかなか不安を解消することは難しいため、偽薬を飲み、飲んだというその行為が安心感につながります。

また、介護をする人にとっても、飲んだ薬のことを、何度も本人に伝えるストレスや、患者の中には思い込みから逆上する人もいるので、トラブルを回避する一つの手段としても役立ちます。

偽薬は、薬の飲みすぎを防ぎ
認知症の患者とその介護者のストレスを和らげてくれる食品

と言えるのではないでしょうか。

ABOUT ME
ママオ
小学生男児のママ、ママオです。 自分の経験した出産や育児についてこのサイトを通して、ママさんやこれからママになる方の参考になればと思います。 よろしくお願いします。 経験:アパレルバイヤー、カメラマン、Webデザイナー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。